高脂血症から身を守る~食生活の見直し戦術~

高脂血症を予防する

検査を受けて高脂血症を予防する

doctor

高脂血症は自覚症状がない病気になります。 そのため知らずに病気が進行してしまう危険があります。その結果心筋梗塞や動脈硬化や脳梗塞などの重大な病気を引き起こす可能性があります。 とくに高脂血症は動脈硬化の最大の原因とされていますので注意が必要です。 自覚症状がないのであれば予防するには、定期的な検査を受けることが大切になります、 また高脂血症を日頃から予防する生活をおくることも大切になってきます。 食事の改善や適度な運動をつづけることが必要になってきます。 運動は激しい運動をするのではなく、有酸素運動をして脂肪を燃焼させることが大切になります。 自分のペースで良いので、最低でも15分以上は運動を継続させることが大切になってきます。

豊かな食生活が危険を招いています

食事療法により高脂血症を予防するためには、適正なカロリーコントロールをすることです。 食物繊維や植物性たんぱく質を多くとることも大切になります。 食物繊維はコレステロールを体外に排出してくれる働きがあります。ゴボウやオクラやバナナやコンニャクなども効果的でしょう。 肉類を中心とした食生活だった方は魚や野菜や果物を中心とした食生活にかえていく必要があります。脂身の多い肉やバターなどは動物性油脂をたくさん含んでいますので摂取を控えるようにしなければなりません。 最近の豊かな食生活でコレステロールの値が高くなっている方が増えています。 生活習慣病として低年齢化もしているので注意が必要になります。 自覚症状がない病気も予防出来ますので毎日の食事を見直すようにしましょう。そして症状がなくても検査を受けることが大切です。

Copyright (c) 2015 高脂血症から身を守る~食生活の見直し戦術~ All rights reserved.